1927年5月21日、アメリカの郵便飛行パイロット、チャールズ・リンドバーグは世界で初めてニューヨーク、パリ間を一人乗りのプロペラ機で飛び、世界初の大西洋単独無着陸飛行に成功しました。エアロベースではこの航空史に輝く飛行機「スピリット・オブ・セントルイス」を販売しています。精密な設計により、正確な機体ディテールは元より、33時間回り続けた9気筒のライト・ホワールウィンドエンジンも再現しています。リンドバーグの大西洋横断単独飛行の想いを馳せながらロングセラーを続けているこのモデルキットはいかがでしょうか。



【チャールズ・リンドバーグ】


今から94年前の1927年5月20日、チャールズ・リンドバーグは愛機 スピリット・オブ・セントルイス号でニューヨークのルーズベルト飛行場を飛び立ち、翌5月21日、フランスに達し、パリのル・ブルジェ空港に着陸しました。

疲労と睡魔、それに視界不良の濃い霧や機体に凍り付く冷気と戦いながらも不屈の精神で 飛行時間33時間、距離5,810kmを一人で操縦し、計画通りパリに到達。空港に着陸した瞬間、誰も達成できなかった単独での大西洋横断飛行という航空史に残る偉業を成し遂げました。



【スピリット・オブ・セントルイス号】


スピリット・オブ・セントルイス号はカルフォルニアのライアン・エアラインズ社が製作しました。リンドバーグの要望に応え 長距離飛行ができるよう、翼長を伸ばし、極限まで軽量化をおこない、さらに前方視界を犠牲にしながらも多くの燃料を搭載できるよう改造が図られています。 機体名「NYP-1」は、この飛行機の目的である飛行区間「ニューヨーク・パリ」のイニシャルを取って命名されています。

掲載画像はリンドバーグ財団より使用許諾をいただいております。



【マイクロウィング 1/72 スピリット・オブ・セントルイス】

「金属の折り紙」。真鍮エッチングパーツを折り曲げ、はめ込んでいきます。接着剤不要です。ワクにつながった翼リブを90度ひねるだけで立体的な主翼が完成。軽く曲げられ、しっかり仕上がる真鍮の感覚をお楽しみください。少ないパーツで気軽にコレクションを楽しめるマイクロウィングシリーズ。

販売価格: 2,200円(税込)【製品詳細ページ】



【マイクロウィング 1/72 スピリット・オブ・セントルイス(洋白版)】

「金属の折り紙」。洋白製エッチングパーツを折り曲げ、はめ込んでいきます。接着剤不要です。ワクにつながった翼リブを90度ひねるだけで立体的な主翼が完成。軽く曲げられ、しっかり仕上がる真鍮の感覚をお楽しみください。少ないパーツで気軽にコレクションを楽しめるマイクロウィングシリーズ。

販売価格: 3,300円(税込)【製品詳細ページ】



【マイクロミュージアム スピリット・オブ・セントルイス】

「金属の折り紙」をさらに発展させたパズルのような組み立て。真鍮エッチングパーツを折り曲げ、はめ込んでいきます。ワクにつながった翼リブを90度ひねるだけで立体的な主翼が完成。軽く曲げられ、しっかり仕上がる真鍮の感覚をお楽しみください。

販売価格: 9,350円(税込)【製品詳細ページ】




エアロベースは作る喜びと完成させた作品の美しさに感動していただける製品づくりを目指し、みなさまにお届けしています。